名古屋離婚弁護士相談

かもめ法律事務所

〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山1−8−20 シャローナビル7階北側

受付時間:9:30~18:00(土日祝を除く)

金山駅徒歩3分

夜間・土日相談できます(要予約)

お気軽にお電話ください

052-684-7895

子の引き渡し

審判による方法

夫婦が別居している場合に、相手方が子を連れて別居した場合や、非監護親が監護親から子を連れ去ったような場合に、子の引き渡し請求をする必要があります。
まず、考えられるのが、家庭裁判所に対し、子の引渡し審判を申し立てる方法です。
急を要する場合には、同時に、審判前の保全処分の申立てもします。
子の引渡しを認める審判が下された場合には、直接強制という手続で子の引渡しを実現することになります。

しかし、子は物ではありませんので、子が嫌がる場合や相手方が子を力ずくで離さないような場合は、実現できないこともあります。

人身保護請求による方法

人身保護法による請求は、不当に身体を拘束されている人を解放するための手続であり、子の福祉を図るための手続とは異なります。しかし、子が違法な手段で連れ去られたような場合には、有効なこともありますのでご紹介します。


この方法は、他の救済方法では目的が達成できないことが明白である場合でなければなりませんので、最終的な手段といえるでしょう。
子が違法な手段で身体拘束されている場合でなければ認められません。また、違法性も顕著なものでなければなりません。


このように、人身保護法による請求が認められるハードルは高いですが、認められた場合は、人身保護命令に従わない親を勾留することができるなど効果は強力です。

お気軽にお問い合わせ下さい

離婚に関するご相談ならどのような相談でもお気軽にお問い合わせください。

<よくあるご相談>

  • 夫(妻)が浮気してしまった
  • 離婚しても子どもと別れたくない
  • 慰謝料をいくら請求できるのか?
  • 養育費はいくらもらえるの?
  • 調停とは何ですか?
  • 裁判所から呼び出しがきました
  • 婚約相手から一方的に別れ話を切り出された
  • 夫や交際相手から暴力を受けた
  • 突然、弁護士から通知がきたがどうすれば良いのか

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

052-684-7895

受付時間:9:30~18:00(土日祝を除く)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せは
こちら

052-684-7895

受付時間
9:30~18:00
受付時間中にご予約頂いた場合は土日夜間も相談可
キッズスペースあります
金山駅歩3分!

お問合せフォーム


ごあいさつ

代表弁護士宮本大祐
得意分野
  • 離婚・男女問題
  • 刑事事件

 依頼者にとって便利な場所に、ということで、交通便利な金山に事務所を設立しました。
 老若男女問わず、愛知県全域の皆様から愛される事務所を目指しております。お子様連れの方やご年配の方も安心してご来所ください。

弁護士紹介