名古屋離婚弁護士相談

かもめ法律事務所

〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山1−8−20 シャローナビル7階北側

受付時間:9:30~18:00(土日祝を除く)

金山駅徒歩3分

夜間・土日相談できます(要予約)

お気軽にお電話ください

052-684-7895

差押え(強制執行)

離婚後、約束通りに養育費や慰謝料などが支払われない場合に、強制的に相手方の財産を差押え、回収する制度を強制執行(差押え)といいます。

差押えの対象となる財産

1 給与

養育費などの毎月継続的に支払われるような金銭の場合、給与を差し押さえるのが大変効果があります。一度、差し押さえてしまえば、毎月、回収することができます。

ただし、養育費の場合は、給与額の2分の1まで、慰謝料などは給与の4分の1までと決められています

また、転職してしまい、就業先が分からなくなってしまった場合は、探偵等による調査が必要になります。

2 預金

相手方の預金口座が判明している場合は、預金を差し押さえるのも効果的です。
預金を差し押さえるためには、銀行名、支店名を把握しておくことが必要です。口座番号までは必要ありません。また、相手方が、預金を引き出してしまった場合は、空振りとなってしまいます。

請求金額が大きい場合は、めぼしい口座をまとめて差し押さえてしまうこともあります。

3 不動産

不動産を競売にかけて、債権を回収することが可能です。もっとも、申立をするにあたり、数十万単位の予納金を裁判所に納める必要があります。

4 売掛金債権

相手方が自営業者の場合、売掛金債権を差し押さえて取引先から回収するという方法もあります。

5 自動車

相手方がローン返済済の高級車に乗っているような場合、自動車を差し押さえることも検討に値します。

 

差押えをするためのチケット(債務名義)

強制執行をするためには、判決書、調停調書、公正証書などが必要になります。このような強制執行を実現するための切符のような文書のことを「債務名義」と呼んでいます。

差押えは、簡単なケースもありますが、相手方が財産を隠匿しているような場合など、専門的な知識、経験が必要となる場合も多いです。まずは、弁護士までご相談ください。

お気軽にお問い合わせ下さい

離婚に関するご相談ならどのような相談でもお気軽にお問い合わせください。

<よくあるご相談>

  • 夫(妻)が浮気してしまった
  • 離婚しても子どもと別れたくない
  • 慰謝料をいくら請求できるのか?
  • 養育費はいくらもらえるの?
  • 調停とは何ですか?
  • 裁判所から呼び出しがきました
  • 婚約相手から一方的に別れ話を切り出された
  • 夫や交際相手から暴力を受けた
  • 突然、弁護士から通知がきたがどうすれば良いのか

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

052-684-7895

受付時間:9:30~18:00(土日祝を除く)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せは
こちら

052-684-7895

受付時間
9:30~18:00
受付時間中にご予約頂いた場合は土日夜間も相談可
キッズスペースあります
金山駅歩3分!

お問合せフォーム


ごあいさつ

代表弁護士宮本大祐
得意分野
  • 離婚・男女問題
  • 刑事事件

 依頼者にとって便利な場所に、ということで、交通便利な金山に事務所を設立しました。
 老若男女問わず、愛知県全域の皆様から愛される事務所を目指しております。お子様連れの方やご年配の方も安心してご来所ください。

弁護士紹介