名古屋離婚弁護士相談

かもめ法律事務所

〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山1−8−20 シャローナビル7階北側

受付時間:9:30~18:00(土日祝を除く)

金山駅徒歩3分

夜間・土日相談できます(要予約)

お気軽にお電話ください

052-684-7895

弁護士によるコラム100 

勝手に出て行った妻に婚姻費用を支払う必要あるか?

   婚姻費用については、「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する」(民法760)と定められています。
   婚姻費用分担義務は、生活保持義務と言って、自分の生活を保持するのと同程度の生活を被扶養者にも保持させる義務、とされています。

   とは言え、配偶者には、同居協力扶助義務(民法752)がありますので、勝手に出て行った場合に婚姻費用を負担する義務は無いようにも見えます。
   しかし、婚姻費用分担義務は、婚姻と言う法律上の身分関係から生じる義務ですので、相手方配偶者が同居義務を果たさない場合にも、その負担を免れることはできないとされています。

   もっとも、相手方配偶者が、不貞をして出て行ったような場合のように、別居に至った原因が権利者のみに存するような場合には、婚姻費用分担請求は、権利濫用として許されないとされています。
   そのような場合、権利者が監護している未成熟子の養育費相当額に限って認められることが多いです。

   権利者が、不貞を否認した場合、義務者の側が、権利者に不貞行為があったことを立証していかなければなりません。しかし、不貞の有無は、本来、民事訴訟や、離婚訴訟の中で明らかにしていくべきものであり、婚姻費用分担請求事件の中では、詳細に審理がされませんので、はっきりとした証拠がない場合には、不貞が認められないことがあります。

   夫としては、妻が不貞をして勝手に家を出ていったのに、婚姻費用の請求をされてしまうのは、不本意であるかもしれませんが、少なくとも養育費相当額については、妻からの請求を排斥することは難しいと考えておいた方が良いです。
   妻側の不貞が認められた場合には、養育費相当額を支払うことになります。支払義務の名称が婚姻費用から養育費に変わりますが、金額は同じということです。
   逆に不貞が認められなかった場合は、妻の扶養分も含めた婚姻費用を支払うことになるため、不本意な負担を強いられることになります。この場合、離婚することで、少なくとも妻の扶養分を減額することができますので、できるだけ早く離婚した方がよいということになります。

  2021830

 

お気軽にお問い合わせ下さい

離婚に関するご相談ならどのような相談でもお気軽にお問い合わせください。

<よくあるご相談>

  • 夫(妻)が浮気してしまった
  • 離婚しても子どもと別れたくない
  • 慰謝料をいくら請求できるのか?
  • 養育費はいくらもらえるの?
  • 調停とは何ですか?
  • 裁判所から呼び出しがきました
  • 婚約相手から一方的に別れ話を切り出された
  • 夫や交際相手から暴力を受けた
  • 突然、弁護士から通知がきたがどうすれば良いのか

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

052-684-7895

受付時間:9:30~18:00(土日祝を除く)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せは
こちら

052-684-7895

受付時間
9:30~18:00
受付時間中にご予約頂いた場合は土日夜間も相談可
キッズスペースあります
金山駅歩3分!

お問合せフォーム


ごあいさつ

代表弁護士宮本大祐
得意分野
  • 離婚・男女問題
  • 刑事事件

 依頼者にとって便利な場所に、ということで、交通便利な金山に事務所を設立しました。
 老若男女問わず、愛知県全域の皆様から愛される事務所を目指しております。お子様連れの方やご年配の方も安心してご来所ください。

弁護士紹介